主催:女将サミット実行委員会、株式会社旅行新聞新社
後援:国土交通省、観光庁、読売新聞東京本社

平成の翌年から始まり30年の歴史を刻んだ記念大会が京王プラザホテルにて開催。
令和元年に相応しく『心寄せ合い文化育つ』をテーマに全国から100名以上の女将達が一堂に会しました。

2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗氏による基調講演や分科会を通じて、日本にしかない『おもてなしの心』を高めます。
夜の懇親パーティーでは、小池百合子都知事が挨拶。来年の東京オリンピックに向け、ますますインバウンド増加が見込まれます。共に、東京だけでなく全国各地へと波及効果が出ることでしょう。

当協会は、今後も増え続けるインバウンドのお客様に向けて、素食・ベジタリアンの方たちへの対応方法はもちろんの事、通常の方とベジタリアンの方が一緒に食事ができる『おもてなし』方法について提案させて頂きました。

旅館やホテルの『顔』として、おもてなしの最前線に立つ女将さんたちは、仕事以外にも各種のおつきあい、家事・育児など、とても忙しくパワフルに活動されています。そのエネルギーを改めて感じた1日でした。
 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK