• 協会の目的

    一般社団法人 日本健康素食アカデミー協会は、


    「みなさまの健康のために 世界の菜食料理を日本へ」

    「美味しいアジアン菜食=素食を日本へ」
    「ユネスコ無形文化財に登録された日本伝統の精進料理を世界へ」
    「日本茶道、中国茶藝のカジュアルな楽しみ方の提案と文化交流」


    を目的として設立された社団法人です。

    菜食に興味のあるすべての方を応援します。

     

    私ども一般社団法人 日本健康素食アカデミー協会の

    標榜する菜食生活の素地は非常に簡単です。

     

    【自分のための菜食生活】

    【健康のための菜食生活】

    【地球のための菜食生活】

     

    ただこれだけです。

     

    思想・宗教・国家・民族などに偏らず、そのすべてを受け入れ

    【さまざまな入口】と【さまざまなきっかけ】から

    菜食生活の扉をたたいた人々を歓迎し、尊重します。

     

    世界には

    『菜食生活の初心者』『時々菜食する方』『完全に菜食生活をされる方』

    まで、さまざまな菜食生活が定義されていますが、私どもは菜食生活を志す方の

    どなたをも差別や議論することなく応援しています。

     

    また、世界各国の関係団体と連携することにより、『人々の健康生活』と

    『地球規模の環境保全』とを図っております。

  • 日本健康素食アカデミー協会 

       コラム・ニュース

  • 挨拶

    1923年 大正時代に【黄帝内経】【陰陽五行思想】を研究していた祖父・塚田新一が「人々が幸せになる食事」を提供していこうと中国料理店を開業しました。 そのメニューは肉・魚・野菜を使用する料理が中心でしたが【おかゆ】【菊花豆腐】【素什錦】など「肉・魚介類を受けつけない体質の方や体調の時」のために、野菜のみを使用した料理も提供していました。それから約100年の時を刻み、私たちは【飽食】の中で、健康そのものを崩してきているのではないでしょうか?

     

    日本においては、近年【ベジタリアン料理】や【ヴィーガン料理】も料理分野の一つとして確立してきましたが、深い歴史、文化をもつ【素食】という料理体系が東洋に根付いていることはあまり知られていません。

    私どもは、創業者の意志を汲み【健康のための料理】として【美味しい菜食料理=素食】を日常の食生活に取り入れようと提案してまいりました。

    2017年、健康のための素食を【健康素食】と定義し、この概念と料理の普及のため、世界各国の素食協会と提携し文化交流をより深めるため、社団法人を設立しました。

    【健康素食】を推進していくにあたり地球の緑化運動やアニマルライツといった観点など、人類だけではなく【地球環境の保護保全】にも協力をしております。私たちは、国家・文化・宗教・人種などにまったく縛られることなく、【自分たちの健康と地球環境の保護保全】だけを求め、闊達な啓蒙活動を行っています。

    月に数回だけ菜食にする方も、一定期間だけ菜食にする方も、パーフェクトな菜食の方もすべてを包含しながら【健康素食】のすばらしさを世界の皆様にご紹介していきたいものと考えております。

    理事長 塚田 真弘

     

    In 1923, during the Taisho period, my grandfather, Shinichi Tsukada who studied 【The Huan di nei jing】and【The Theory of Yin-Yang and the Five Elements】opened a Chinese restaurant that served "meals to make people happy." The menu mainly consisted of meat, and fish with vegetables. However, there were also a few dishes that were purely vegetarian such as 【Porridge】and【Carved-Tofu】for customers that had poor health or simply did not eat meat nor fish. After about a hundred years have passed since then, do we keep our lives healthy in 【The days of plenty】? People in Japan are getting more familiar with 【vegetarian】 and 【vegan foods】 so it is becoming more popular these days.
    Unfortunately, it is not widely known that 【Oriental vegetarian】 culture has been deeply rooted in our society since way back then.
    We have been proposing to bring back 【Cuisine for health】as【delicious vegetarian=Oriental vegetarian】in our daily lives.
    Defining simple and healthy meals as 【Oriental vegetarian for health】, we established an incorporated foundation to serve simple meals with vegetarian societies all over the world to spread our thoughts and our meals.
    Not only for human beings, but also to focus on【global environmental conservation】from the perspective of being eco-friendly and promoting animal rights【Oriental vegetarian for health】.
    We try to spread our messages without being bounded by any nation, culture, religion, or even race.
    We would be grateful if we could introduce the splendidness of a vegetarian lifestyle【Oriental vegetarian for health】 to anyone who is willing to become vegetarian for even a few days a month, any certain period of time, or completely vegetarian.

    President Masahiro Tsukada

     

    1923年,大正时代,研究中国黄帝内经,阴阳五行思想的祖父冢田新一,为了能让大家吃到有幸福感的美食,开设了最早的中华料理店。那个时候的料理都是以鱼,肉,菜为主,但是像蔬菜粥,菊花豆腐,素什锦这样的专门为不接受鱼肉类体质人群的蔬菜料理也有。

    从那时起经过了100年,现在,我们感觉到健康在暴饮暴食中崩溃。

    在日本,近年开始流行西洋素食和全素料理。但是历史悠久,文化深厚,有着很深根基的东洋素食料理却很少有人了解。

    我们秉承创业者的志愿,把健康和美味的蔬菜料理相结合融合到我们日常的生活中。

    2017年,我们把为了健康的素食定义为健康素食。为了普及这个理念和素食料理,为了和世界各个国家的素食协会更深度的广泛交流合作,我们成立了社团法人:健康素食学术协会。

    在推广健康素食过程中,地球温暖化,动物保护等一系列保护地球环境的运动也加深了合作。

    我们不限于任何国家,文化,宗教,人种,只诉求我们的健康,保护我们的地球家园,开启豁达的启蒙活动。

    无论您是简单的素食者还是定期素食者还是完美素食者,我们会把健康素食最杰出的地方介绍给世界上钟爱素食的朋友们。

    理事長 冢田 真弘

  • ロゴに込められた意味と意義

    当協会のロゴは多様な意味を込めて決められました。

     

    ①健康的でハツラツとした人体を表現している

    ②星形の人体は、5elements=木・火・土・金・水という【五行】を象徴している

    ③5つの橙色の○は、頭部・両手・両足を表現し、星型の緑色と【相生】の関係にある

    ④緑色は【環境にやさしい】【地球・自然を大切にする】【ベジタリアン】を象徴している

    ⑤緑色は【日本緑茶・抹茶】の色調を基調とした

    ⑥星形をイメージしているが、風水思想により曲線だけで構成している

    ⑦緑色と橙色は【陰】と【陽】に色彩関係にも近く、陰陽エネルギーを生み出す

    ⑧陰陽五行説は黄帝内経・易経のベースであり東洋医学・漢方処方・食餌療法の基本である

     

  • 素食とは・・・

    私ども協会は、日本料理・精進料理の文化と技術を世界に紹介し、また、世界各地に根付いている健康食・食餌法を日本の方々に紹介することにより、皆さまが健康に、そして自然環境にやさしく、地球とともに生きていけますよう活動しております。

     

    【素食】とは・・・

    わたくしたち日本人にとって【素食】と聞くと【粗食】と混同してしまい【粗末な食事】をイメージしがちですが、【素食】は【豪勢な食事】に対する表現の【粗食】とは一線を画す料理文化体系であり、似て非なる概念なのです。

    大きな意味で【素食】は【中華料理の中で発展してきた菜食料理】ととらえることができます。

    今から800年ほど前の【元】の時代にはすでに【菜食料理専門店=素食店】が営業していたことが文献に記されています。

    中華料理の技術によって800年以上にわたり研究されてきた【菜食料理=素食】は【粗食】ではなく、健康的で美味しい料理なのです。

     

    そもそも【素食】【菜食】とは、動物性の食品を断つことによって、心身をピュアーに保とうとする文化なのですが、その分類となると世界中にさまざまな形態がみられます。

     

     

    代表的な東洋的【素食】の分類

    ● 佛教上の【素食】は、野菜の中で にんにく・にら・ネギ類・ラッキョ・野蒜を摂らない

    ● 道教上の【素食】は、野菜の中で にんにく・にら・ラッキョ・アブラナ・パクチーを摂らない

    ● 印度ジャイナ教などの【素食】Ahimsaは、動物性のものを摂らない。

    ● 完璧主義の素食は【純素】 無燕窩・無蜂蜜・無奶蛋・無五辛・無動物性成分を摂らない

     

    代表的な西洋的【菜食】の分類

    ● 西洋的完全菜食主義は、動物性を一切摂らない

    ● 菜食主義だが乳製品・玉子・蜂蜜のすべてを摂らない ⇒⇒⇒ ヴィーガン

    ● 菜食主義だが乳製品・玉子・蜂蜜の中で玉子は摂らない ⇒⇒⇒ ラクト・ベジタリアン

    ● 菜食主義だが乳製品・玉子・蜂蜜の中で蜂蜜は摂らない ⇒⇒⇒ オボ・ベジタリアン

    ● 菜食主義だが乳製品・玉子・蜂蜜はOKとする ⇒⇒⇒ ラクト・オボ・ベジタリアン

    ● 痛い!と言わない 感じないものだけをいただく ⇒⇒⇒ 生命の尊重・アニマルライツ

    【素食】【菜食】の取り組み方により分類

     

    ★ 漢方医学や東洋武術などの考え方により、身体の内部から体質改善を試みるために食事を【素食】【菜食】にする方々。

    ★いのち を ささげてくれた生命 に 感謝をするために、日を決めて【素食】【菜食】をいただく習慣にしている方々。(個人的な謝肉祭)

    ★ 旧暦の『初一・十五』つまり1日と15日だけは【素食】【菜食】とする方々。 

    これは満月と新月の時、つまり大潮というエネルギーが高い時(月2回)に精進する。

    ★ ビジネスマンとして、商売人として【土地の神様】に感謝するため、陰暦の2日と16日だけは【素食】【菜食】とする方々。

    ★ 太陽暦(新暦)の1日と15日だけは【素食】【菜食】をいただく習慣にしている方々。

    ★自分の生まれ干支の一年間は、厄払いとして【素食】【菜食】をいただく方々。

    ★ 月に一度、誕生の日だけは【素食】【菜食】をいただく習慣にしている方々。

    ★ 週に一度、誕生曜日だけは【素食】【菜食】をいただく習慣にしている方々。

    ★ 願掛けをするので【素食】【菜食】をする方々。

    ★ 願が叶った感謝として【素食】【菜食】をいただくことにした方々。

    ★ ファスティング・断食・避谷・固形を摂らない食習慣などの回復食として一定期間だけ【素食】【菜食】をいただく方々。

    ★ 法事・佛事の時のみいただく精進の目的で【素食】【菜食】をいただく方々。

    ★ デトックス・心身の浄化・心身の排毒解毒のため一定期間だけ【素食】【菜食】をいただく方々。

     

    などなど 上記のように

    【素食】の定義は実に複雑で、一概には語れないものなのですが、

    当協会は、上記のどれを をも 意志ある文化 意義ある文化 として尊重しています。

  • 世界とのつながり

    世界各国の団体と連携しながら、共に素食文化・ベジタリアン文化について研究・啓蒙活動をしています。

    ●国際ベジタリアン連合

    (International Vegetarian Union)

    ●アジア太平洋素食協会

    (Asia Pacific Vegetarian Union)

    ●国際素食志願者連盟

    (International Vegan Volunteer Union)

    ●インドネシア純素食協会

    (Vegan Society of Indonesia)

    ●バンコク国際ヴィーガン同盟

    (Bangkok international vegan alliance)

    ●タイ素食協会

    (Thai Vegetarian Union)

    ●世界中餐業連合会

    ●食葯養生委員会

    ●香港蔬食協会

    (Hong Kong Vegan Association)

    ●清華大学学生素食文化協会

    ●世界健康素食文化推廣協会

    ●中国【寧波】素食協会

    ●マレーシア中華素食協会

    ●アメリカ西海岸素食文化協会

  • お茶の交流

    日本茶道と中国茶藝の文化交流をサポートしています。

    ●【日本の茶道】と【中国の茶藝】には、深い関係があります。

    これらは、素食文化・精進料理・菜食生活・禅などと 切り離すことのできない重要な東洋文化です。

    ● 当協会は【日本の茶道】と【中国の茶藝】双方の文化を尊重し、相互の文化交流の間に立ち、国際友好のお役にたてれば・・・と考えております。

     

    ● 一般社団法人 日本健康素食アカデミー協会 は【福建省・泉州市安渓】に烏龍茶の契約製茶農園があり、また、プーアル茶の本場【雲南省・シーサンパンナの近く・勐海】の山中に茶農園と製茶工場を持っております。この勐海の茶農園には樹齢1000年を超えるお茶の樹が2本あり、樹齢500年を超えるお茶の樹は100本を超えています。

    ● 中国茶の教室について

    【雲南省の昆明】と【四川省の成都】に、中国茶藝師への道を目指す専門学校と提携しています。授業は、国家資格・茶藝師の資格を持つ師範が行いますが、日本人による現地通訳が付きますから、安心して授業・研修が受ける事ができます。また学校には実際に中国茶を楽しむための【茶藝館】を併設しています。

    また 東京・浅草では 中国茶藝の入門コースを開講する準備を現在進めています。

     

    【広東省】にはお茶の大きな市場があり、そこに三代目となる老舗中国茶葉製造・卸売専門店を構えている茶藝師がいます。普洱茶・烏龍茶・鳳凰単叢に特化した茶藝師が講師として、広大な市場を案内し、試飲を楽しむこともできます。

    ● 日本茶道を世界の方々に・・・

    当協会では【外国の方々】に、まずは日本茶の魅力と茶道の楽しみ方をお知らせする気軽な教室を開いております。講師陣もこの点を理解して共鳴してくださっている懐の深い方々ばかりです。欧州から日本に移住し茶道を極めた外国人の講師もおりますから、英語での授業も行います。

    興味を持って、日本茶道をより深く学びたい方には、本格的な茶道へご案内いたします。

    All Posts
    ×